くるみが動脈硬化の予防・改善に効果あり

医学論文「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(Massachusetts Medical Society 1993)」に発表された研究論文では、くるみを4週間食べただけで悪玉コレステロール値が約16%減少した。治療薬ほどではないが改善効果が確認された。

循環器の専門誌(Wolters Kluwer Health 2004)サーキュレーションに発表された研究論文によれば、高脂血症患者20名にくるみを4週間食べてもらい、動脈の固さを測定。

食べる前は動脈硬化の基準値6を下回る3.6(値が低い方が固い)だったが、4週間後は5.9(柔らかくなった)に改善した。

クルミの主な栄養成分は、7割が脂質。他たんぱく質と炭水化物(食物繊維含む)

クルミに含まれる「αーリノレン酸」はEPAやDHAに体内で変化して、動脈硬化を抑制すると考えられている。

DHA、EPAは青魚に良く含まれる成分。

クルミには血管のダメージを防ぐビタミンE等の抗酸化物質も豊富に含まれ、食べ続ける事で効果が期待できる。

クルミ以外で「αーリノレン酸」が多く含まれるのは、ホウレンソウとゴマ。ただし、クルミ1個分のαーリノレン酸を、ホウレンソウで摂取しようとすると22.5株を摂取しなければならない。ゴマだと360グラム。

九州大学の研究で、健康な男女40名に、1日にくるみを7個(42グラム)摂取させたところ、1カ月後悪玉コレステロール値が10%下がった。

情報源:みんなの家庭の医学スペシャル 「名医が認めた!医食同源SP3」

放送日:2014年4月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)